1. ホーム
  2. 明治の銀貨
  3. ≫明治の50銭銀貨の価値と買取価格

明治の50銭銀貨の価値と買取価格

こんにちは日本コイン情報館です。今回は明治3年から発行されている50銭銀貨の価値と買取価格について書いて行きたいと思います。

なお、50銭銀貨や20銭銀貨の詳細につきましてはこちらの「50銭と20銭銀貨」でも詳しく書いています!!

明治の50銭銀貨の価値

明治銀貨

明治3年(1870年)より発行された50銭銀貨です。直径のサイズや重量、デザインが何度か変更され大きく大別すると4種類の50銭銀貨が発行されています。

その中でも明治7年、明治8年、明治9年、明治10年、明治13年に発行された50銭銀貨(Y#25 重量13.48g 直径30.5mm)は発行枚数、現存数共に少なく、カタログ価格や実勢価格が高額となっています。

50銭銀貨で最もカタログ価格が高いものは明治13年(1880年)に発行されたタイプでカタログ価格はUNCで60000USD(約750万円)となっています。国内でも明治9年(カタログ価格UNC=14000USD)の未使用(NGCやPCGSによる鑑定品ではありません)のコインが2014年に100万円強で売買され、明治10年(カタログ価格UNC=7000USD)の未使用のものが90万円強で売買されています。

海外では明治13年のNGC鑑定済みVF35という低グレードのコインが日本円で約600万円もの値がついており、実際にNGCやPCGSによるMS鑑定済みコインが市場に登場したらカタログ価格の数倍の値がつく可能性があります。なお、50銭銀貨にはプルーフも存在しそちらも大変希少なものとなっており、PF(PR)64以上のグレードのコインでは500万円を超える値で何度か売買がされています。

業者による買取価格

業者による買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。査定については高額な古銭なので可能でしたら宅配査定ではなく出張査定・持込査定をしてもらうと安心でしょう!

今回の記事が日本の古銭コレクションや業者による買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格