1. ホーム
  2. 江戸の銀貨
  3. ≫安政丁銀の相場や買取価格

安政丁銀の相場や買取価格

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は安政に発行された丁銀の詳細と相場、買取価格について書いて行きたいと思います。安政丁銀はナマコ形と呼ばれるやや不揃いな棒状の銀塊で、額面は記載されておらず、量目によって貨幣価値が決まる秤量貨幣です。

その他の丁銀や豆板銀、文久永宝、天保通宝などにつきましてはこちらの「江戸期の銀貨と古銭」で記載を行っております。

安政丁銀の価値

安政丁銀

安政丁銀は安政6年の1859年から1865年まで製造がされた古銭(古銀)です。安政二朱銀安政一分銀などと同時期に作成された古銭ですが、それらに比べ硬貨としての完成度は低く銀塊に刻印をしただけの物となっています。

C#9cで丁銀と呼ばれていますが銀の品位は13.5%と低いです。重量は様々ですが120g〜200g程度となっており、重量を計測するだけでは真贋(本物か偽物)を見極める事ができません。カタログ価格は下記のようになっており、完成度が低い古銭(古丁銀)ですが希少性が高くカタログ価格は比較的高額です。

発行年 発行枚数 VF(美品) XF(極美品)
1859年〜1865年 不明 350USD(約40000円) 450USD(約52000円)

複雑な貨幣ではない割には高価なため、贋作(偽物)が多く中国大陸を中心に贋作が作成されています。もともと精度の低い硬貨のため精巧な贋作では素人には見極めが難しく現在では多くの贋作が市場に出回ってしまっています。

安政丁銀と相場や市場価格

安政丁銀は国内、海外でも数多く取引が行われています。贋作(偽物)では無く、本物については下記のような金額で売買され、カタログ価格同等程度が相場のようです。

取引日 取引国 コイン(古銭)詳細 取引価格
2016年 日本 111.7g 美品 39000円
2016年 日本 136.9g 美品 39500円
2016年 日本 131g 美品 37000円
2016年 米国 121g 美品 270USD(約31000円)
2011年 米国 148.3g 美品 460USD(約53000円)

この時代、英国やドイツを中心としたヨーロッパや米国では精巧な古銭(アンティークコイン)が作成されており、残念ながらアンティークとしての評価は世界的には高くはありません。ただ、ユニークな形状となっており趣があります。

古銭業者による買取価格

安政丁銀は買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。

査定については高額古銭の場合、宅配査定ではなく、出張査定や持込査定が安心でしょう!今回の記事が古銭の買取査定や古銭コレクションの参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格