1. ホーム
  2. 江戸の金貨
  3. ≫江戸期万延小判の価値と買取価格

江戸期万延小判の価値と買取価格

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は江戸期万延小判(万延金)の市場価値や業者による買取価格について書いて行きたいと思います。

江戸時代 万延小判の価値

万延小判

江戸時代の万延小判です。C#22dで重量は3.3g、万延金とも呼ばれますが素材は金と銀の合金となっており金が約60%、銀が約40%となっています。1860年〜1867年にかけて発行され、発行枚数は625050枚と多くの発行がありました。

小判カタログ
カタログ価格はVF(美品)=900USD(約10万円)、XF(極美品)=1150USD(約13万円)となっており比較的高額です。

江戸時代 万延小判の市場価格

万延小判は国内でも多くが取引されていますが今回は海外での取引相場について取り上げて行きたいと思います。

取引日 コイン詳細 カタログ価格 取引価格
2017年 極美品 1150USD 940USD(約11万円)
2015年 極美品 1150USD 880USD(約10万円)
2015年 美品〜極美品 900〜1150USD 820USD(約9.5万円)
2011年 極美品〜準未使用 1150USD〜 1,840USD(約21万円)

海外での取引相場としては上記のようになっており極美品で10万円程度準未使用になると20万円〜が相場のようです。

業者による買取価格とまとめ

万延小判(万延金)は業者による買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。査定については高額古銭の場合、宅配査定ではなく、出張査定や持込査定が安心でしょう!

江戸期の小判や大判などはグレード(状態)の良いものが少なく未使用準未使用品は稀少なためアンティークコイン投資としてもお勧めできます。今回の記事が日本の古銭コレクションや業者による買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格