1. ホーム
  2. 江戸の金貨
  3. ≫万延一分判金の相場と買取価格

万延一分判金の相場と買取価格

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は万延一分判金の相場と買取価格について記載していきたいと思います。万延一分判金(1860年~1867年)は安政一分判金(1859年)と明治一分銀(1868年〜1869年)の間で発行が行われました。

万延一分判金の価値

万延一分判金

万延一分判金です。安政一分判金との違いとしては正の字が裏面にあるか否かで判別をする事ができます。また、重量はわずか0.82gとなっており、その小ささから明らかに判別できます。C#20cで金と銀の比率は金:銀=57%:42%となっており金を多く含んでいます。

大変小さな古銭ですが発行枚数が少ないため希少です。そのためカタログは下記のように高額です。

年号 発行枚数 VF(美品) XF(極美品)
1860年〜1867年 不明 750USD(約8.6万円) 1100USD(約12.6万円)

金のインゴットが2017年現在、1g=6000円であることを考えると金自体の価値は3000円程度しかない計算になりますがアンティーク(骨董)としての高いためカタログ価格も高額となっています。

万延一分判金の相場と市場価格

万延一分判金は希少な古銭ですが下記のように国内でも数多く取引が行われています。

取引日 コイン(古銭)詳細 カタログ価格 取引価格
2017年 組合鑑定済み 極美品 12.6万円 11.5万円
2017年 未鑑定 準未使用 12.6万円〜 9.4万円
2016年 未鑑定 極美品 12.6万円 7.1万円
2016年 未鑑定 美品 8.6万円 7万円

取引価格はカタログ価格に比べると若干安く極美品で7〜11.5万円程度となっています。業者の買取の場合、市場価格の5割〜6割程度となりますので極美品で3.5〜5.75万円程度でしょう!

万延一分判金は大変小さな古銭のため価値がないと思い捨ててしまう人や金として換金してしまう人がいますが古銭として価値がありますので専門家に査定してもらった方がいいです。

業者による買い取り

業者による買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。査定については高額古銭の場合、宅配査定ではなく、出張査定や持込査定が安心でしょう!

今回の記事が日本のコインや古銭コレクション、古銭の売却換金などの参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格