1. ホーム
  2. 明治の金貨
  3. ≫明治の旧円金貨(5種類)

明治の旧円金貨(5種類)

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は明治の旧円金貨(1円、2円、5円、10円、20円)について、まとめて紹介して行きたいと思います。明治の旧円金貨は日本国内だけでは無く世界でも人気が高いアンティークコイン(古銭)で市場価格は上がっています。

ただ、精巧な贋作(偽物)やレプリカも多く出回っていますので買うときはもちろん売るときも贋作を売らないよう注意しましょう!なお、「続きを読む」をクリック頂ければ、それぞれの金貨の詳細についても見る事ができます。

明治の旧円金貨一覧

人気記事ランキング
  • 明治3年〜明治25年の間に発行された20円金貨です。明治時代の大型金貨として有名で大変人気があります。Y#13で明治3年のものが発行枚数46139枚と最大となっており、次いで明治9年のものが954枚、明治13年のものが103枚、明治10年のものが29枚、明治25年については殆ど発行がないとされています。

  • 明治4年に発行された10円金貨です。Y#12で明治4年の発行枚数が約190万枚、明治9年が1925枚、明治10年が36枚、明治13年が136枚、明治25年が不明となっており、市場に出回るコインとしては明治4年のものが殆どです。重量は16.66gとなっており、明治30年(1897年)以降に20円金貨として発行されるコインと同等の重量となっています。

  • 明治3年〜明治30年にかけて発行された5円金貨です。10円金貨や20円金貨に比べると当時の発行枚数が多く(各年号最低10万枚程度の発行有り)比較的手に入りやすい金貨となっています。Y#11(Y#11a)でカタログ価格は安いもので1700USD(明治5年、明治6年)、高いものでは11500USD(明治26年、明治29年、明治30年)と高額になっています。重量は8.33gとなっており、明治30年以降の新十圓金貨と同等の重量となっています。

  • 明治に唯一発行された二圓金貨です。Y#10、発行枚数は883293枚となっています。重量は3.33g、直径は17.5mm、カタログ価格はUNCで1200USD(14.4万円)、プルーフのカタログ価格は9500USD(114万円)となっています。

  • 明治に唯一発行された一円金貨です。明治4年(Y#9、直径13.5mm)には多くの枚数が発行されており、発行枚数は約200万枚あります。そのため希少性は低く、カタログ価格もUNCで400USD〜1300USDとなっています。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格