1. ホーム
  2. 明治の金貨
  3. ≫明治の1円(一圓)金貨の価値と買取価格

明治の1円(一圓)金貨の価値と買取価格

こんにちは日本コイン(古銭)情報館です。今回は明治4年、明治7年、明治9年、明治10年、明治13年、明治25年に発行された希少な1圓金貨の価値と業者による買取価格について見てきたいと思います。

明治の1円(圓)金貨

明治の1円(圓)金貨明治の1円(圓)金貨

明治に唯一発行された一円金貨です。明治4年(Y#9、直径13.5mm)には多くの枚数が発行されており、発行枚数は約200万枚あります。そのため希少性は低く、カタログ価格もUNCで400USD〜1300USDとなっています。

明治7年(Y#9a 12mm)からの発行は非常に少なくなっており大変希少な存在です。最も発行枚数の多い明治7年で約10万枚、最も少ない明治13年で112枚となっています(明治25年は不明)、国内では2012年に明治9年銘(PCGS鑑定済みMS62 発行枚数138枚 カタログ価格UNC=16000USD)のコインが市場に登場し170万円で売買されました。

カタログ
(カタログより引用)
また、カタログ上掲載はありませんがプルーフも存在し明治13年のプルーフ1圓金貨(NGC鑑定済みPF63)は2011年に米国で約1100万円で売買されています。

明治発行の1円(圓)金貨の市場価格

明治の1圓金貨の世界的な売買価格は下記のようになっています。プルーフは大変希少で明治13年のプルーフ1圓金貨は家が買えるような高額で売買が行われました。

取引日 コイン詳細 カタログ価格 取引価格
2013年 NGC鑑定済みAU58(準未使用) UNC=400USD 400USD(約4.6万円)
2011年 NGC鑑定済みMS63(未使用) UNC=400USD 690USD(約8万円)
2011年 NGC鑑定済みPF63(プルーフ) PF=不明 97,750USD(約1100万円)

まとめと買取価格

明治7年以降の一圓金貨は発行枚数が非常に少なく、希少なコインなので数十年という長期的な視点で見ると徐々に価格が上がって行くように感じています。

明治発行の旧1円金貨は業者による買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。査定については高額古銭の場合、宅配査定ではなく、出張査定や持込査定が安心でしょう!

今回の記事がアンティークコイン投資や古銭コレクション、買取査定の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

買取って欲しい古銭、価値の判らない古銭がありましたら無料査定がおすすめです! 無料査定ではあなたの大切なお品を古銭の専門家が丁寧に鑑定・査定してくれます。

宅配査定・持込査定・出張査定に対応しており、日本全国どこからでもご利用可能。気になる「相談料」「出張料」「査定料」「キャンセル料」などはすべて無料です。

古銭の無料査定

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格