1. ホーム
  2. 江戸の銀貨
  3. ≫天保通宝と相場や価値

天保通宝と相場や価値

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は身近な古銭の一つである天保通宝について書いて行きたいと思います。

天保通宝の価値

天保通宝

天保通宝は天保6年の1835年〜1870年まで発行された貨幣で表面には「天保通寳」裏面には「當百」と書かれており金座後藤家の花押が鋳込まれています。C#7で重量は20.7g、発行枚数は合計で484,804,054枚(諸説あり)、素材は青銅、貨幣価値は100文でした(実際には80文で通用)。

古い古銭ですが身近な貨幣で発行枚数が多く希少性が低いためカタログ価格は下記のように低額です。なお、偽物(贋作)もありますが現在では価値が低いため贋作はあまり作られておらず、昔に作られた贋作が多いです。

発行年号 発行枚数 VF(美品) XF(極美品)
1835年〜1870年 約5億枚 14USD(約1600円) 20USD(約2300円)

ただ、「長郭」「細郭」「中郭」「広郭」といった手代わりの古銭については高額で取引される事があるため天保通宝が蔵などで沢山見つかった場合は専門家に査定してもらうと良いでしょう!

天保通宝の相場と市場価格

天保通宝

天保通宝は国内では「長郭」「細郭」「中郭」「広郭」といった手代わりによって大きく相場が異なりますが大量にある場合の1点あたり価格の目安としては下記のようになります。

取引日 コイン(古銭)詳細 取引価格 一枚あたりの市場価格
2016年 天保通宝 135枚 59000円 437円
2016年 天保通宝 121枚 52000円 429円
2016年 天保通宝 100枚 49000円 490円

大量売りの場合カタログ価格に比べ価値が低く、一枚あたりの価格は500円程度です。状態が悪い品のバラ売り(1枚ずつで売る)では1枚、1円〜100円程度で売買されることもありますので手間を考えると、まとめて換金した方が楽だし効率的だと思います。今回の記事が古銭の売却や日本のコイン・古銭コレクションの参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない古銭やコイン、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭・記念硬貨の買取専門/スピード買取.jpがおすすめです。

古銭鑑定の専門スタッフが多く専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料で全国どこからでも無料査定を利用できます!

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格