1. ホーム
  2. 江戸の金貨
  3. ≫文政発行の真文二分判金の相場と買取価格

文政発行の真文二分判金の相場と買取価格

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は江戸期文政に発行された真文二分判金の相場や業者による買取価格について記事を作成したいと思います。

真文二分判金の価値

真文二分判

C#21で重量は6.52g、サイズは23×14mm、発行枚数は約600万枚となっており裏には楷書体の「文」字が刻まれているため真字二分金(しんじにぶきん)とも呼ばれています。カタログ価格は下記のようになっており発行枚数は文政発行の草文二分金(草文二分判)より多いのですがカタログ価格は高額となっています。

年号 発行枚数 VF(美品) XF(極美品)
1818年〜1828年 約600万枚 550USD(約6万円) 700USD(約8万円)

金品位は金:銀=56%:44%となっており銀より金を多く含んでいます。発行枚数の割にはカタログ価格が高いのは金の含有量が多いことも影響していると考えられます。

真文二分判金の相場と市場価格

文政元年4月10日から鋳造された真文二分判金は国内でも数多く取引されています。2016年〜2017年の取引は下記のようになっておりカタログ価格に比べ若干安い金額が相場のようです。

取引日 コイン(古銭)詳細 カタログ価格 取引価格
2016年 PGCS AU53(準未使用) 8万円〜 6.5万円
2016年 未鑑定 準未使用 8万円〜 8.6万円
2017年 未鑑定 極美品 6万円 4.8万円
2017年 未鑑定 極美品 6万円 5万円

また、海外での取引相場も調べさせていただきましたが国内に比べさらに市場価格が安く人気が乏しいようでした。文政や安政など江戸期の古銭はデザイン的には面白く日本人としては趣があるのですが外国人にはあまり響かないようです。

業者による買い取り

業者による買取の場合、市場価格(実勢価格)7割~9割程度での買取となる事が一般的です。査定については高額古銭の場合、宅配査定ではなく、出張査定や持込査定が安心でしょう!今回の記事が日本の古銭コレクションや業者による買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない古銭やコイン、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭・記念硬貨の買取専門/スピード買取.jpがおすすめです。

古銭鑑定の専門スタッフが多く専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料で全国どこからでも無料査定を利用できます!

江戸のコイン・古銭

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正のコイン・古銭

大正の金貨

大正の金貨
大正時代に発行された20円金貨、5円金貨などの価値や買取査定価格

昭和平成のコイン・古銭

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の銀貨

昭和 平成の銀貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格