1. ホーム
  2. 江戸の丁銀・豆板銀
  3. ≫元禄豆板銀の価値と買取相場

元禄豆板銀の価値と買取相場

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は元禄に発行された古銀である元禄豆板銀の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。なお、元禄豆板銀以降では宝永二ツ宝豆板銀が発行されています。

元字大黒 群元 豆板銀の価値

元禄豆板銀

画像は元禄8年から宝永3年(1695年〜1706年)にかけて発行された元禄豆板銀(元字大黒と群元)です。デザインは「普通品」「元字大黒」「元字大黒めぐり元」「群元」「大字元」がありますが大字元は実物を見た事がありません。

カタログ価格は下記のようになっており希少性は高いですが贋作(偽物)が多く存在するとともに、コレクションしにくい古銭のためコレクターが減少しており、実勢価格は下落傾向となっています(実勢価格は真贋のシッカリしたもののデータを採用しています)。

日本のカタログ価格
種類 下(並品) 中(美品) 上(極美品)
普通品 1.8万円 3.5万円 7万円
片面大黒 5万円 12万円 20万円
大黒(表)+大黒(裏) 8.5万円 17万円 30万円
大黒(表)+群元(裏) 25万円 35万円 55万円
大黒(表)+大字元(裏) 25万円 35万円 60万円
実勢価格(市場で取引される値段)
業者所在 古銭詳細 実勢価格
米国 大黒(表)+群元(裏) 極美品 約33万円
東京都 普通品 美品 5.8万円
静岡県 普通品 鑑定書付き 美品 2.2万円

詳細と買取相場まとめ

豆板銀は秤量貨幣(銀の品位を一定に定め、取引の都度重量をはかって使用する貨幣)となっており、重量は一定ではありません。また、デザインも古代ギリシャのドラクマのような打刻した貨幣となっており、贋作(偽物)が多く存在します。

「大黒(表)+大黒(裏)」「大黒(表)+群元(裏)」や「大黒(表)+大字元(裏)」で状態が良く鑑定書が付いている場合は10万円〜の買取価格が期待できますが鑑定書がない場合、買取価格は下がる傾向があります。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない古銭やコイン、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭・記念硬貨の買取専門店バイセル がおすすめです。古銭や記念硬貨を鑑定する査定員が多く在籍し、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」は全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

江戸以前の古銭

古い穴銭

古い穴銭
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

江戸の丁銀・豆板銀

江戸の丁銀・豆板銀
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正以後の古銭や硬貨

大正の古銭

大正の古銭
大正時代に発行された20円金貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の硬貨

昭和 平成の硬貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格