1. ホーム
  2. 江戸の金貨
  3. ≫慶長一分金の価値と買取価格

慶長一分金の価値と買取価格

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は1601年〜1695年に発行された慶長一分金(慶長一分判)について記載していきたいと思います。

慶長一分金は慶長小判と同品位、1/4の量目でもってつくられた長方形短冊形の古銭で、表面は上部に扇枠の桐紋、中央に横書きで「分一」、下部に桐紋が配置され、裏面は「光次(花押)」の極印が打たれています。

慶長一分金の価値

慶長一分判慶長一分判

1601年より鋳造された慶長1分金です。重量4.43gの小型の古銭で金と銀の比率は85.7%:14.3%となっております。

カタログ上は下記のように3種類に分類され上部の打刻の数によって希少性が異なります(上記画像は打刻が一つのタイプです)。

打刻数 並品 美品 極美品
0個 FR#24 約5.5万円 8.5万円 16.5万円
1個 FR#24a 15万円 28万円 42万円
2個 FR#24b 35万円 55万円 85万円

さらに打刻数以外にも前期に作られたものか後期に作られたものかによって価値が異なります(品位も異なる)。

慶長一分金の市場での取引価格

市場価格としては状態などによって様々ですが高いものは53万円程度、安いものでも10万円前後で取引されていますので高価買取が期待できるでしょう!

江戸期初期の大変古い古銭のため極美品以上の状態のものはほとんど存在せず、市場に出回った場合、カタログ価格より高額での取引が多いように感じます。今回の記事が古銭の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない古銭やコイン、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭・硬貨の買取専門/買取プレミアムがおすすめです。

古銭鑑定の専門スタッフが多く、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

江戸以前の古銭

古い穴銭

古い穴銭
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

江戸の丁銀・豆板銀

江戸の丁銀・豆板銀
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正以後の古銭や硬貨

大正の古銭

大正の古銭
大正時代に発行された20円金貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の硬貨

昭和 平成の硬貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格