1. ホーム
  2. 江戸の金貨
  3. ≫元禄小判金の価値と買取相場

元禄小判金の価値と買取相場

こんにちは日本コイン古銭情報館です。今回は元禄小判金の価値と買取相場について記載して行きたいと思います。

元禄小判金の価値

元禄小判金

元禄8年〜宝永7年(1695年〜1710年)にかけて鋳造された元禄小判金です。小判金の中で1,2を争う希少性となっており買取価格は超高額が期待できます。

表面には鏨(たがね)による茣蓙目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「壹两」下部に「光次(花押)」の極印、裏面は中央に花押、下部の左端に小判師の験極印、吹所の験極印さらに花押の左に「元」字が打印されています。

この「元」の字は「長元」と「短元」が 存在し「短元」の方が希少。品位は金564/銀436で重量17.81g、鋳造量13,936,220両、日本のカタログ価格は下記の通りです。

種類 下(並品) 中(美品) 上(極美品)
長元 180万円 260万円 360万円
短元 250万円 350万円 500万円
偶然大吉 350万円 500万円 600万円

偶然大吉とは座人印(小判師の験極印および吹所の験極印の組み合わせ)が偶然「大吉」になっているものです。「享保小判金」や「元文小判金」の記事でも解説していますので参考にして頂けると幸いです。

元禄小判金の実勢価格と買取相場

「買取価格=実勢価格×仕入掛け率」

元禄小判金の実勢価格(実際に市場で取引された値段)は下記の通りです。小判などの古金を業者に買い取ってもらう場合、実勢価格に「(仕入)掛け率」を掛けたものが査定価格となり、掛け率は希少古銭ほど高くなります。

古銭詳細 実勢価格
「座人印:八吉」無刻印 「長元」 極美品 185万円
「座人印:万田」「短元」美品(米国取引) 約150万円
「座人印:大村」 「長元」 極美品 136万円

元禄小判金は価値が高いため仕入掛け率は「8〜9割程度」が期待できます。具体的には185万円で取引された上記の{「座人印:八吉」無刻印 「長元」 極美品}を査定に出した場合「148万円〜167万円」程度での買取になる可能性が高いです。今回の記事が古銭の売却や換金の参考になりましたら幸いです。

古銭の無料査定・買取

家に眠っている価値のわからない古銭やコイン、引っ越しや遺品整理で見つかった昔のお金を売るなら古銭・硬貨の買取専門/買取プレミアムがおすすめです。

古銭鑑定の専門スタッフが多く、専門知識が高いことから高価買取してくれます。また、出張査定・宅配査定・持込査定に対応しており「相談料」「出張料」「キャンセル料」全て無料、全国どこからでも無料査定を利用できます!

江戸以前の古銭

古い穴銭

古い穴銭
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

江戸の丁銀・豆板銀

江戸の丁銀・豆板銀
江戸以前に発行された穴銭の価値や買取査定価格

明治のコイン・古銭

明治の金貨

明治の金貨
明治時代に発行された20円金貨、10円金貨などの価値や買取査定価格

明治の銀貨

明治の銀貨
明治時代に発行された1円銀貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

大正以後の古銭や硬貨

大正の古銭

大正の古銭
大正時代に発行された20円金貨、50銭銀貨などの価値や買取査定価格

昭和 平成の金貨

昭和 平成の金貨
昭和、平成に発行された金貨の価値や買取査定価格

昭和 平成の硬貨

昭和 平成の硬貨
昭和、平成に発行された銀貨の価値や買取査定価格